プロフィール

一文字 猛

Author:一文字 猛
昭和xx年生まれ
男が家庭でいかなる理由でも一番と教育された 今の時代に沿わない男

子どもも嫁もその他もおります。
誹謗中傷大歓迎・・言いたいこと言わん奴がわるかばい
(とはいえ所詮ネットやけん)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


激安海鮮


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリッククリック↓


アクセス解析


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶番劇

民主党の小沢一郎幹事長(67)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は21日、小沢氏を再び嫌疑不十分で不起訴処分とした。検察審査会の「起訴相当」議決を受けて、特捜部は小沢氏を再聴取するなど再捜査したが、元会計事務担当で衆院議員、石川知裕被告(36)=同法違反罪で起訴=ら元秘書との共謀関係を認定することは困難と判断した。

[フォト]不起訴は想定内? 小沢氏「参院選が最終戦」と意欲

 小沢氏は2月4日に不起訴処分となったが、小沢氏を告発した市民団体からの不服申し立てを受けた検審が4月27日、「起訴相当」と議決。特捜部が再捜査を続けていた。小沢氏は再び不起訴となったものの、検審の再審査で「起訴すべきだ」と議決されれば、東京地裁指定の弁護士に強制起訴される。

 検審は議決で、石川被告と元会計事務担当で元私設秘書の池田光智被告(32)=同=が「政治資金収支報告書を提出する前に小沢氏に報告し、了承を得た」などと供述したことを「直接証拠」として評価。小沢氏と元秘書との共謀を認定できると判断した。

 このため、特捜部は再捜査で、小沢氏と石川、池田両被告、元会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=同=の元秘書3人から任意で再聴取。小沢氏が収支報告書の虚偽記載に積極的に関与したかどうかについて改めて確認した。

 関係者によると、小沢氏は再聴取で「報告や相談は受けていない」と改めて否定。大久保被告も小沢氏の関与を否定、池田被告はあいまいな供述をしたが、石川被告は「小沢氏に報告した」などと従来通りの供述を維持したという。

 しかし、特捜部は石川被告の供述は具体性に乏しく、「公判で共犯として有罪判決を得るだけの証拠はない」と判断、小沢氏を再び不起訴とした。


先だって太田総理証人喚問であったが
これって起訴された内容を 御存知だろうか

建設費用の 一番の問題については起訴されてないのだ
起訴された内容は 年越しに渡っての 一部 賃料不明取得金について

もう茶番も良いとこ

あの人は捕まりませんよ
まさに「悪い奴ほどよく眠る」ですな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://oyattusann.blog66.fc2.com/tb.php/40-123a1687

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。